出荷日決定!EX-RRのお話し

2016年11月18日 < プロポ > EX-RR

こんにちは!

今回は待望の新製品 EX-RR を紹介します!
大変お待たせしました!出荷日が12月第2週に決定しました!

この週の週末には、EX-RRが皆さんのお手元に到着することでしょう!
(1日でも早く出荷いたしますが、具体的な入荷日は販売店様にお問い合わせください。)

EX-RR は長年の開発期間を経て熟成を重ねたKO PROPOの最新テクノロジーを凝縮したハイエンドプロポです。

  • 新規のトリガー機構はトリガーバーの形状を変更し、指掛りが向上。トリガー動作ストロークを変更、スロットル操作のダイレクト感が高まりブレーキ操作の重みが感じ取りやすくなっています。トリガー位置を検出するセンサーを一新、ポテンショメーターの消耗寿命は従来品に比べてケタ違いに向上するとともに検出精度も高精細
  • ステアリング機構も直径や幅にこだわった新規のアルミハンドルを採用。スプリングやハンドルスポンジの素材を厳選し、リニアリティの高いステアリングフィールを実現。
  • エクスパンションのソフトウエアをブラッシュアップ。
    EX-2では英語と日本語の併記で全体的に込み合っていた表示を英語⇔日本語切り替え方式とし、全体的にスマートな表示に変更。出荷時は英語の表記となりますが、簡単な操作で日本語表記に切り替え可能としています。モデルセレクト台数は40台に増強。
    EX-2では省略していた3WAYスロットルスピードや微調整可能のアクセラレーション、ABS機能、ロケットスタートが可能となるオートスタートなどの機能をスープアップ。新機能として指数計算機やプッシュコントロールを追加し、より実戦的な機能を充実
  • 付属のKR-415FHDは新通信システムHCSを装備。
    まずは従来のサーボでご使用可能なように、出荷時の設定はノーマルモードとしています。
    セットに付属するRXモードセレクターを使用することでチャンネル毎にHCS⇔NORMALのモード切替が可能。HCSモードに変更し、HCS対応サーボを使用することで最高級のレスポンスを発揮!(HCSについては、近日別エントリーで、詳しく記事にします。)
  • EX-RRの無線通信システムは従来のKO FHSSジステムを踏襲。KR-413FH、KR-212FHGやKR-214FH受信機をご使用いただくことも可能。

EX-RRの詳しい情報はこちらのKO PROPO特設サイトに図解付きで紹介しています。
また、HCSシステムの詳しい情報はこちらのHCS特設サイトをご覧ください!

 

12月第2週出荷開始

No,10576
EX-RR KR-415FHD付き送受信機セット ¥48,000(税別)

画像のEX-RR送信機にKR-415FHDのモードを切り替えるRXモードセレクターが付属します。

製品化に至るまでに、一部のサポートドライバーでは実戦に投入。
ハイエンドプロポの名にふさわしい、ビックレースで十分に優勝を狙える機能と性能を充実装備しています!

 

 

秋のホビーショーで発表したEX-RRですが、「ダブルレシーバーがあれば…」というご要望をたくさん頂戴しました。
ですので、急遽、ラインナップを追加します!

12月第2週出荷開始

No,10581
EX-RR 
KR-415FHD付きダブルレシーバセット ¥56,000(税別)

 

画像のEX-RR送信機にKR-415FHDのモードを切り替えるRXモードセレクターが付属します。

こちらのセットも、KR-415FHDの出荷時の設定はノーマルモードですので、お手持ちのサーボで早速ご使用いただくことが可能です。

 

KR-415FHDをHCSモードに切り替えて使用する場合には、HCS対応サーボが必要となります。HCS対応サーボは順次ラインナップしていきますが、まずはご好評いただいている、ミニサイズサーボとロープロハイエンドサーボのRSx3-12とBSx3Grasperが同時出荷です!

 

12月第2週出荷開始

No. 30126

RSx3-12 \ 11,000 (税抜)  

【スペック】(6.0V時)
●トルク:7.5Kg・cm スピード:0.13sec/60°●サイズ:33×26×15mm(ミニケースタイプ)
●重量:26.0g●電源:6.0V●お勧めカテゴリー:1/12レーシング、GTカー、1/10F1など

 

12月第2週出荷開始

No. 30214
BSx3One10 Grasper \ 20,000 (税抜)  

【スペック】(6.0V時)●トルク:8.0Kg・cm スピード:0.10sec/60°
(7.4V時)●トルク:10.8Kg・cm スピード:0.09sec/60°サイズ:40.5×26×21mm(ロープロタイプ)●重量:51.0gg●電源:6.0~7.4V●お勧めカテゴリー:1/10電動ツーリング、1/10電動バギー、1/10エンジンツーリングなど

新システムのHCSを装備したKR-415FHDとRSx3-12もプロトタイプを実戦に投入しています。サポートドライバー飯塚さんが使用感をブログに書いてくれています。
(ここから引用)

これは、凄く良い!

ラジコンが上手になった感じです!手に吸い付く感じです♪

反応が速いとか遅いとかじゃ無くて、手の内に全てが入る!

そんな感じです!KOユーザーの皆さん!コレは、オススメですよ♪

シケインが楽!僕って、まだまだやれるんじゃん!って思わせる感じ!

 
とのことです。写真付きの記事はこちらのTNRACING & JOLT PRODUCTS のブログ」をご覧ください。
KR-415FHDのデュアル受信回路は混雑した電波環境でも高い確度でプロポの信号をキャッチし、HCSの新システムは従来比1/4のスピードでサーボに制御信号を伝達します。
上記の飯塚さんの感想は開発コンセプト通りで、ラジコンが上手くなるシステムになっています!
この「ラジコンが上手くなる」感動を、ぜひご体感ください!
 
 
さて、話は変わりますが、以前の記事「RSx12をエンジンカーに搭載!?」で
紹介した搭載用アダプターの準備も進んでおります。
 
テストいただいた某サーキットオーナーの感想としては「普通に走るよ!早速売った方がいいよ!」とのことでした。こちらも近日、KOオンラインショップやイベント会場限定で発売予定です!
 
 
今回もお読みいただいて、ありがとうございました!

関連商品

RSx3-12

\11,000(税抜)  
No. 30126

BSx3-one 10 Grasper

\20,000(税抜)  
No. 30214

カテゴリ